こんにちは。・w・)ノFURAです。

静岡高校が立命館宇治を下し16年ぶりの勝利を収めました。
◇第87回選抜高校野球大会1回戦 静岡7―1立命館宇治(2015年3月22日 甲子園)

 第87回選抜高校野球大会第2日は22日、甲子園球場で1回戦3試合を行い、第2試合は5年ぶり3回目出場の立命館宇治(京都)と16年ぶり15回目出場の静岡(静岡)が対戦。出場校中トップのチーム打率4割1分9厘を誇る静岡が、昨秋の近畿大会で準優勝した立命館宇治に7―1で逆転勝ちを収め、16年ぶりのセンバツ勝利を挙げた。

 初回に1点を先制された静岡は3回、先頭・三瓶の死球から1死一、二塁とし、内山の右前打でまず同点。さらに堀内の右犠飛で2―1と逆転すると、2死一、二塁から平野の右翼線二塁打で2点を加え、4―1と3点リードを奪った。

 これで勢いに乗った静岡は5回、四球と犠打などで築いた2死三塁から広瀬の左前打で1点を加えると、さらに安打と死球で2死満塁と立命館宇治の左腕エース山下を攻め立ててから鈴木の右翼線二塁打で2点を加え、7―1とリードを6点に広げた。

 立命館宇治は初回、四球で出塁した上西を奈良が送って2死二塁としてから伊藤の中前打で先制したが、その後は静岡の右腕エース村木になかなかチャンスを作ることができず、伊藤と北原が2安打ずつの散発4安打に封じ込まれた。

 08年に就任した静岡の栗林俊輔監督(42)は11年と昨年の夏に甲子園出場を果たしているが、いずれも初戦で敗退しており、指揮官として初の甲子園1勝となった。
逆転したところからの勢いが凄かったですね。

なにはともあれ、おめでとうございます。

このまま上を目指して頑張ってください!

それじゃ。・w・)ノシまたね。
FURA