こんばんは。・w・)ノFURAです。

これはたしか金曜の夜。

そう、たしか18時ちょっと過ぎるか過ぎないか。

町は北風が吹き荒れ、足早に太陽が水平線へと姿を消し

町の中に光がまた一つもう一つと増えていく

そのぐらいの時間だった。

とあるコンビニに足を踏み入れ

何を買うでもなく、整然と陳列された食品へと目をくれることもなく

一直線に雑誌コーナーへと向かった。

サンデー、マガジン、ヤングジャンプを読み終えた私は

乱れてしまった本棚の陳列をし直し

そのまま足早に変える予定だった。

しかし、気が付いてしまった。

そこにあるはずのない光景に。

出会ったのだ。伝説の『あの』おじさんに。

夜を掛け、莫大な財産を聖夜に振りまく

一年で一回の大仕事をする

世界的に有名なおじさん。

image

っていうか、おじさんじゃねーわ。

おじさんでイメージしてたら、家のなか入ってきても確かにわからんわ。

思ってた以上に幼児だった。

それであの行動力。あの財産。あの知名度。

その全てに羨望と、欲望が混じった視線を投げかけ。

私はコンビニを後にした。

子供、かわいいよね。

それじゃ。・w・)ノシまたね。
FURA